筋トレ時の筋肉痛にもダイエットにも効果がある?オメガ3系脂肪酸って何?どんなものに含まれるの? | 【公式】REFORT(リフォート)NSCA認定パーソナルトレーナー養成スクール -REFORT-

筋トレ時の筋肉痛にもダイエットにも効果がある?オメガ3系脂肪酸って何?どんなものに含まれるの?

 

みなさま、こんにちは。

リフォート特別講師 管理栄養士/ダイエット心理士(R)プロの渡辺亜里夏です。

 

タイトルにある「オメガ3系脂肪酸」といきなり言われるとピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。ですが、DHAやEPAといわれたら聞いたことある!という方もいるのではないでしょうか?

「DHA=記憶力や学習能力に良い栄養素」としての方が一般的にはなじみがあるかもしれません。もしかしたら、サプリメントとしてとり入れているという方もいるかもしれませんね。

 

実は、このオメガ3系脂肪酸があらゆる健康面でのメリットにとどまらず、運動にも効果があるといわれているんです。

そこで今回はオメガ3系脂肪酸について効果や摂取量、どんな食材からとれるのかについて詳しく見ていきたいと思います♪

 

そもそも脂肪酸ってなに?

三大栄養素の1つ、脂質の主な構成成分が脂肪酸です。この脂肪酸がさまざまなものと結びつくことで脂質をつくっています。

 

この脂肪酸は、

●身体のエネルギー源

●脂溶性ビタミン(ビタミンA,D,E,K)の吸収をサポート

●身体の細胞膜や核膜、ホルモンなどをつくる

●外部からの刺激から身体を守る

といったはたらきがあるため、ヒトの身体にとっては必要不可欠な存在なのです。

 

「脂質」は、エネルギー源となる成分のため、とりすぎてしまうことのデメリットに目を向けられがちなのですが、質を選んでとることで体のパフォーマンスを上げてくれる成分ということを知っていただけたら嬉しいです(^^♪

 

 

オメガ3系脂肪酸の効果

オメガ3系脂肪酸は大きく3つに分けることができます。

 

●くるみや亜麻仁油、エゴマ油に含まれる植物由来のαリノレン酸

●イワシやサバといった青魚から多く抽出される魚介由来のDHAとEPA

 

αリノレン酸は、アレルギー原因物質の抑制・血圧を下げるといった生活習慣病の予防効果がみられます。

 

DHAやEPAは、体内の免疫反応の調整や血液をサラサラにするはたらきがあるといわれています。

また、DHAは、前述したように脳の神経細胞の情報伝達をスムーズにする働きがあり、記憶力や言語能力などの認知機能、行動能力にも好影響をもたらすといわれています。

 

 

ダイエットや筋トレへのメリットは?

海外の研究では、スポーツをしてEPAを摂取した場合とそうでないケースを比較すると、48時間後には摂取した選手において筋肉痛や痛みの減少がみられたことが報告されています。

 

そのため、筋トレ後の筋肉痛軽減の効果を狙って、普段からオメガ3系脂肪酸を意識して摂取できると良いのではないでしょうか。

 

また、DHAやEPAは、血糖値上昇を抑えるホルモン「GLP-1」の分泌を促進するといわれているのですが、この「GLP-1」は中枢神経系・胃などへの作用を介した食欲抑制・胃運動抑制の効果があることも明らかになっています。

 

なので、ダイエット効果を期待している方もDHAやEPAを積極的にとりいれられるといいですね。

 

 

本日のまとめ

筋肉痛の軽減や食欲の抑制、血液の流れをスムーズにするといったはたらきのあるオメガ3系脂肪酸を普段から意識してとり入れていけると良いのではないでしょうか♪

 

●αリノレン酸・・・くるみや亜麻仁油、エゴマ油に含まれる

DHAとEPA・・・イワシやサバといった青魚に豊富に含まれる

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

管理栄養士 渡辺亜里夏

 

【前回のコラムはこちら】

【クイズ⑥】これってどうなの?最近の食のトレンド 3つのキーワードについて、管理栄養士が解説します