【トレーニング前はどんなものを食べるといいの?時間は?気をつける3つのこと】

みなさま、こんにちは。

リフォート特別講師 管理栄養士/ダイエット心理士(R)プロの渡辺亜里夏です。

 

トレーニング前に食事をしたほうがいいのか、控えたほうがいいのかはよく議論される話題だと思います。

結論、しっかりとバランスのとれた定食メニューを食べるということではなく、トレーニング前の栄養補給という意味でトレーニング前に食事をすることは大切です。

ちなみに、ダイエット(減量)目的のトレーニングでも空腹状態でエネルギーが不足している状態でのトレーニングは逆効果なので避けるようにしましょう。

ではさっそく、トレーニング前の食事について、どんなものを食べたらいいのかを時間別にみていきたいと思います。

1.トレーニングの2~3時間前

トレーニングまでに2~3時間程度時間があれば、炭水化物・たんぱく質・ビタミン、ミネラルといったバランスよく栄養素をとれる食事をとるのがベストです。

炭水化物の消化・吸収に必要な時間は、約1時間といわれているので、特別な栄養食品を使わなくてもトレーニングに必要なエネルギーを筋肉中に蓄えることができます。

ただし、満腹まで食べてしまうと、消化に時間がかかり、内臓に負担をかけたり、エネルギー消費量が増えたりするため、腹八分目を意識できるといいですね。

 

 

2.トレーニングの1時間前

トレーニング開始まで1時間程度というときは、おにぎりやサンドイッチ、そばやうどん、バナナといった糖質中心のメニューで栄養補給しましょう。

このときに気をつけたいのは、油分や脂肪分が多いものです。サンドイッチの具材や麺類の付け合わせも脂質を控えたものを選べるといいですね。

ちなみに、トレーニング前に何かを食べて気分が悪くなったことがある方は、トレーニング2〜3時間前でも糖質中心のメニューから始めると、ご自分も安心してトレーニングに取り組めると思いますよ。

3.トレーニングまであと30分

最初にもお伝えしましたが、空腹状態でトレーニングに臨むとエネルギー不足となり、筋肉を分解してしまう可能性があります。

そのため、消化吸収の良いフルーツやゼリータイプの栄養補助食品、スポーツドリンクなどで栄養補給しましょう。

本日のまとめ

1.2~3時間前は、普通にバランスの良い食事

2.1時間前は、糖質中心の食品

3.30分前は、吸収しやすいもの

トレーニングの効果を最大限引き出すために、

この3つのトレーニング前の食事を意識できるといいですね!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

管理栄養士   渡辺亜里夏

過去の記事はこちらから
『トレーニングと免疫力の関係!免疫力を高めるために食事でできる3つのこと』
https://refort-r.jp/news/2020/03/04/1659/
『トレーニング後の食事はどんなものを食べればいいの?』

https://refort-r.jp/column/2020/02/23/1625/